脱毛大学 Q&A特集について

脱毛大学 Q&A特集では、脱毛の悩み事を中心に課外授業をしています

年間ムダ毛なしをめざそう!

春から夏、秋までは、自宅でこまめに脱毛をするのですが、寒いこの冬は、肌を露出することがないため、脱毛処理も手をぬいてしまいがち。腕や足など、ちょっとしたときに見せてしまうムダ毛に恥ずかしい思いをしてしまうこともありますよね。しかし、露出することが少ない冬にもストレスのたまる脱毛を行なうのは嫌なもの。やはり、年間を通して脱毛サロンで、脱毛しておくと、冬の脱毛ストレスからも解消されて、気持ちのよい1年間をすごすことができますね。

脱毛サロンに通いだすと、2~3年は通わないと納得のいく脱毛ができませんが、2~3回の脱毛で、だいぶムダ毛は薄くなってくるはずです。ムダ毛が薄くなるだけでも、うれしいですよね。しかも、脱毛サロンでの脱毛は肌トラブルが比較的少ないため、お肌もきれいな状態でムダ毛なし!というお肌になれるのです。

各サロンで、お得なキャンペーンを実施していますので、自分の脱毛したい箇所のお得なキャンペーンを探して、納得のいく脱毛を目指しましょう!!

カミソリ、毛抜き脱毛はさけよう

脇の脱毛には、毛抜きやカミソリを使って自己処理する方が多いと思います。しかし、カミソリや毛抜きによる脱毛は肌トラブルを引き起こす原因になるので、極力控えるようにしましょう。どのような派だトラブルが起きるのでしょうか。

カミソリでの処理は肌を削る事になるので、カミソリ負けや乾燥をまねき、その結果色素沈着を起こします。
毛抜きでの処理は、毛穴が広がってぼつぼつになったり、そこに細菌が入り込んで炎症を起こしたりしてしまうのです。このようなことから、処理した毛が皮膚内に埋もれたまま成長してしまう埋没毛にもなりやすいですね。埋没毛はそのまま、放っておくと自然に毛が消滅してしまうことが多いので、無理やり肌の中から毛を抜きだすようなことはさけましょう。

さまざまな肌トラブルを引き起こしてしまう自己処理ですが、炎症が続いたりかゆみが発生してしまったりしたら、早めに皮膚科に受診することをお勧めします。

自宅で脱毛を行なうなら、家庭用電気シェーバーが比較的肌トラブルを防ぐことが出来る自己処理器具かもしれません。

カミソリ、毛抜き脱毛はさけよう

脇の脱毛には、毛抜きやカミソリを使って自己処理する方が多いと思います。しかし、カミソリや毛抜きによる脱毛は肌トラブルを引き起こす原因になるので、極力控えるようにしましょう。どのような派だトラブルが起きるのでしょうか。

カミソリでの処理は肌を削る事になるので、カミソリ負けや乾燥をまねき、その結果色素沈着を起こします。
毛抜きでの処理は、毛穴が広がってぼつぼつになったり、そこに細菌が入り込んで炎症を起こしたりしてしまうのです。このようなことから、処理した毛が皮膚内に埋もれたまま成長してしまう埋没毛にもなりやすいですね。埋没毛はそのまま、放っておくと自然に毛が消滅してしまうことが多いので、無理やり肌の中から毛を抜きだすようなことはさけましょう。

さまざまな肌トラブルを引き起こしてしまう自己処理ですが、炎症が続いたりかゆみが発生してしまったりしたら、早めに皮膚科に受診することをお勧めします。

自宅で脱毛を行なうなら、家庭用電気シェーバーが比較的肌トラブルを防ぐことが出来る自己処理器具かもしれません。

生理中の脱毛は出来る?

女性に人気の脱毛サロン。肌トラブルがないツルツルお肌に誰もが憧れるものですよね。

女性には生理がつきものですが、整理中に脱毛を行なってもよいのでしょうか??実際には、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛での脱毛を行なっても直接人体に悪影響を与えることはないのですが、整理中は脱毛をお断りする脱毛サロンもあるようです。その理由としては、体のさまざまな器官が敏感になり、肌はいつもより強く痛みを感じるようになっているからです。また、人間の体はとてもデリケートなので、強い痛みやストレスなどを受けるとホルモンバランスが崩れてしまうおそれもあり、体にトラブルが起きることもあるのです。生理前から生理中は、女性にとって大事な時期なのですね。

また、脇や腕、足は整理中でも脱毛可能のサロンが多いですが、アンダーなどのデリケートゾーンは経血が漏れてベッドやシーツを汚してしまったりする可能性があるために、お断りされるサロンも多いようですよ。

家庭用脱毛器を選ぶなら

自宅で脱毛サロン並みに脱毛できるのが『家庭用脱毛器』。最近発売されている家庭用脱毛器は数年前よりも機能がアップしているものが多いようです。沢山の種類の家庭用脱毛器が販売されていますが、家庭用脱毛器を選ぶポイントは、照射パワーと照射面積を調べてみるとよいでしょう。

照射パワーとは、脱毛器の出力パワーのこと。そのパワーの単位をJ(ジュール)という単位で表されいますが、18ジュール以上あれば、脱毛器の効果がある脱毛機といえます。脱毛効果の高い脱毛器を探すなら、50ジュール以上の出力パワーのものを選ぶと失敗がないですよ。

照射面積とは、一回(1ショット)で脱毛施術ができる範囲のことをいいます。照射面積が広いほど、少ない回数で照射が済むので、範囲の広いひざ下やひじ下、背中の産毛などの脱毛を行なうなら照射面積も広いものを選びましょう。照射を行なう回数が少なければ、コストも安く抑えられるということになります。口周りなど範囲の狭い部分の脱毛を行ないたいのであれば、スリムカートリッジを付属している脱毛器をおすすめします。スリムカートリッジを使用することによって、体中の細かい部分を脱毛することができるようになりますよ。

価格も脱毛機によって違うので、ランキングサイトなどを上手に利用して、自分に合った家庭用脱毛器を選んでみてくださいね。

脱毛大学 Q&A特集カテゴリー項目一覧